剣盾S12GSルール白馬パルキアにす式結論

f:id:AliceWrite:20220817124012j:image

 

こんにちはAlice.です。S12シリーズでずっと使ってきて自分なりの白馬パルキアの結論を綴っていこうと思います。レンタルは1番下にスクショを載せます

 

            【構築経緯と前のパル白馬の見直し】

f:id:AliceWrite:20220817124310j:image

↑が以前まで使っていた白馬パルキアで満足していたが、Melca選手の同構築1つ1つの配分や立ち回りの練度等のレベルの高さに感化されて、この先自分の白馬パルキアで満足していいのかという疑問を抱いて構築全体の見直しを決意。

 

                              〜構築経緯〜

自分の得意なプレイスタイルを見直した結果、自分の有利な状況を作り強い高火力技を相手に押し付けるプランが得意だと気付き、スタン構築より追い風やトリックルームの展開が自分に合ってて、そこでお膳立てしたら全抜き性能の高い白馬を評価。トリル下の白馬の動きが自分のプレイスタイルに合っていると評価し、白馬を採用。

相方は特段火力は要らず安定してトリルを貼れてアースやドラグーンを駆使して白馬の補佐として動きを作れるポケモンが理想だと感じレシラムorパルキアになった。

白馬レシラムと白馬パルキアの構築には大きな違いが1つあり、レシラム白馬は序盤レシラムがトリルを貼れない事によりレシラム単体で逃げ切りの動きをして、裏の白馬で詰めるというプランに対して白馬パルキアは序盤からトリルを貼れるという点で、弱保白馬の全抜きを狙う事をプランとした場合の試合全体でのトリル寿命の長さに着目した。1歩間違えると白馬で無理やり受け出しをしなきゃいけないプランをレシラムだと多くなりやすく、白馬の被弾数のリスクが白馬を主体とした時に自分の理念と異なると思い立ち回りの柔軟性が欲しいと感じてパルキアの採用に至った。

 

                 【見直して調整したポケモン

                                 白バド

                              f:id:AliceWrite:20220817125927g:image

勇敢

リザードランス、10万馬力、剣舞、トリル

こちらは変わらず火力が欲しいのでAぶっぱ。Sを伸ばさない理由はミラー対面トリルを貼った方が強いと感じた(詳しい事は後述)ので最遅のテンプレ白馬。持ち物は白いハーブと弱保でずっと悩んでいたが、ガエンの1回の威嚇じゃそこまで辛くなく味方技で弱保を発動させて威嚇を帳消しにする盤面や、rinya構築への回答として弱保を採用。

こいつマジで強い。状況によってはトリルを貼らなくても平気で4タテする恐ろしい兵器

 

                                 パルキア

                                f:id:AliceWrite:20220817130551g:image

HD252 C4 ゴーグル

あくうせつだん、ドロポン、だいちのちから、トリル

以前はHC珠で運用してたが、パルキアはあくまで白馬の補佐として見るようになり火力よりも耐久を強くして、居座り性能を強くした。HD252にする事によって、襷黒バドのアストラルビットが1回急所に当たってもダイマ込確定3発耐えるように調整して珠でもダイマ込で最低乱数切りで3発耐えるよう調整。ドロポンをかみなりにしてレヒレに強く出れるようにもしたが白馬が剣舞1回積めばレヒレが起点になる事が多くガエンを開幕から落としたい時もあったのでドロポンを採用。

持ち物はロゼル、アッキ、メンタルハーブetc..色々試したがゴーグルのおかげでねむりごなやいかりのこなに邪魔されること無く立ち回れるのがアドバンテージが高いと思いゴーグルを採用した。

 

                             ガオガエン

                         f:id:AliceWrite:20220817131608g:image

H244 A4 B188 D76 襷

フレドラ、じこくづき、捨て台詞、猫騙

以前はASでパルキアが出せない時の火力パーツとして起用してたが、ASが耐久無さすぎて普段使いの低さから努力値変更。ザシアンの±0インファ確定耐え、+1陽気聖剣確定耐えにしてDにも振って補正をかけて黒バドにより強くしました。

持ち物をシュカorイトケで悩んでた時に襷ならどちらの展開にも担えると思い採用。オーガにもグラードンにも安心して前投げが可能となり、さっさとガエン倒そうとして開幕から高火力技を打ち込まれた時などの予測の自体にも対応可能となり相手のゲームプランを崩すきっかけにもなれた。

 

他ポケは以前と変わらないので省略

 

                                 【選出】

オザシ、グラルナ、黒バドザシアン、ボルト無し構築、イタズラ挑発が飛んできそうな場合

前)ガエン+パルキア

裏)バレル+白馬

基本はこの選出だができる限りこの選出をしたい。トリル下のバレルを大切にしながら捨て台詞orトリルで相手を弱体化しつつ白馬を高速展開しやすい状況に持っていきやすい。

仮に出し負けやパルキアが受からない状況の時は捨て台詞+パルキアをバレルに引いて次ターンで粉+トリルの盤面を作れて対応力が広いので強い。変な選出の時に鼻が効いたり相手の選出速度が遅い場合はトリル貼らなかったりガエン初手ダイマしたり気分で動く時もある。

 

ボルト入り構築、ヌケニン構築、相手の単体技でパルキアが受からないかつダイマで逃げられる可能性がある場合

前)バレル+パルキア

裏白馬+ガエン

粉+トリルが基本形となるが、相手の選出圧力が弱い時や最初からトリル枯らす選出して場合胞子+トリルでスタート。パルキアが削られる分にはかふんだんごでどうでもなりトリル下と違う場合は下から催眠を出来るので1ターン確実に動けないターンを作る事が出来るので自由度が増える。

この選出の時はガエンを火力パーツとして見る時が多かった印象。状況によっては白馬よりも大事にしなきゃいけない事があったりガエンダイマ詰めも視野に入る。

 

rinya sun、ソルガレオドータクン、レジドラゴ入り構築

前)バレルorガエン+サマヨール

裏)白馬+ガエン

主にrinya構築に出す選出で、バレルを粉で犠牲にしてトリルをした後白馬の弱保を起動させて短期決戦で倒す他と比べると超絶アグロ選出。

rinya構築にパルキア必須だと元々思っていたがとめさんにrinya構築にパルキアは無くても勝てるという話を聞いてからこの選出が生まれた。ガエンが出てくるターンにサマヨールでちょうはつをかけて実質相手のサイクルを破壊しつつ、白馬がガエンを相手にする必要が無くなってその分他の禁伝やリザードンにリソースを割けるのがこの選出の強み。